2004年09月19日

大会

今日も夏目さんくるのだろうか・・・。
うむ、やるしかないだろうな。そう殺るしか・・・。
こんなデッキで大会に挑みます。

☆リヴァイヴァル・ビースト☆

☆モンスター*18☆
(獣/獣戦士/鳥獣:効果モン=14:4)

生け贄1:
マンティ*2

攻撃力1500以上:
類人猿*3、激ミノ*3、イグザ*2、ワンフー、同族、ブレイカー。

攻撃力1400以下:
ステバ*3、ファイポ、サイエン。

☆魔法*17☆
大嵐、ハリケーン、サイクロン、壺、護封剣、心変わり、強奪、番兵、
押収、使徒、エネコン、月の書*2、突進*2、埋葬、苦渋。

☆罠*5枚☆
お触れ*2、死デッキ、破壊輪、リビング。

☆合計40枚☆

サイドデッキ*15
メビウス*2、ショッカー、お触れ、月の書、弾圧*3、ワンフー、
効果の矢*3、ミスティックLv2*2、使徒。

<総評>
全体的にみると1700ラインが多く、少しでも攻撃力の高いモンスターが
召喚されると圧倒されてしまう傾向が目立つ。猿を頼るしかない。
そこでエネコン、月の書を搭載。

守備力2000以上のモンスターに歯が立たない。
=サイドから使徒、ミスティックの搭載

B地区に弱い=サイドから矢の投入+@

バーンに弱い=サイドからお触れ、メビウスなどを投入

アンデッドの展開力についていけない傾向が目立つ。
よって開闢のメタにもなる弾圧*3を投入することで展開を鈍くする。

死デッキを投入=ステバ*3、サイエンしかいないことが問題点

破壊輪を搭載、エンドカード的役割。

超攻撃型でもあるがイグザとステバの守備力に期待が高まる。

除去系のカードがないがこれは月の書やエネコン、突進でカウンターを
狙う。

敵アンデッド時、弾圧を搭載するためマンティを外す=メビウスの投入

以上こんなもんでしょうか?追記します

その追記ですが、気分を害する恐れがあります。
お気をつけ下さい。





大会行ってきました。結果は3位。
協力していただいた皆様、非常に申し訳ありませんでした。
3位でした・・・。優勝したかった・・・。

詳細

初戦:ストレート勝ち
2戦目:ストレート勝ち
3戦目:2勝1敗
4戦目:ストレート負け
(↑決勝)
こうようになりました。

ちなみに3戦目の対戦相手にむかつく事を言われたので初戦、2戦目の
印象はその、ケチによって覚えてません(ウソツケ、ワスレタダケダロ)
3戦目の奴に言われた一言。
「そのカットはアリなんですか?!」(←不服そうな顔で)
はい、そこに至るまでには経緯がありまして、っていうかお察しの人も
いるかとは思いますがね・・・。ここは箇条書きで記したいと思います。
1、まず、対戦相手が決まります。
2、お互いにデッキを取り出します。
3、お互いにサイドの確認をします(15枚あるかどうか)
4、デッキのシャッフルorカットを行います。

問題は4で起きました。

私の対戦相手はデッキをカットする前にデッキを確認し、なんかしている
ではありませんか・・・。

そう、対戦相手の人はデッキの中身を確認しモンスター、魔法、
モンスター、魔法、モンスター、魔法・・・・。という行為を
行っていたのです。そのあとデッキをシャッフルすれば、
まあ、許してやるかと甘い気持ちがありました。
しかしその対戦相手は、そのままデッキをデッキゾーンに置き対戦を
始めようとしているではありませんか・・・。
まあ、対策方法を知っていたので少し痛い目にあわせてやるかと思い
何も言わずに特殊なカットを行い(モンスター、魔法と並んでいるなら
カットする際に右、左で分けてそれを交互に繰り返していけば、
右にはモンスターの塊、左には魔法・罠の塊の群れができます。
そして右のカードを左のものの上に置けば完成)
デュエルスタート!

案の定、相手の手札はオールモンスターで相手はビックリしていました。
そして不思議そうにしているので、「カットを工夫したんだよ」
って言ったら(まあ、言い方も悪かった)変な顔をして、
「うわー、じゃあ絶対負けだよ。どうせモンスターしか引かないし」
っていうじゃありませんか!っていうか当たり前だろ!!
って言いたかったのですが、あえて堪えて勝ちました。

その直後に「そのカットはアリなんですか?!」発言が飛び出したので
ちょっとカチンときて、「はあ!?ただカットしただけなんですけど」
「何か文句ありますか?!」
と発言させていただきました。
2デュエル目
さすがにそのカットは行っていませんでした。
しかし、今度は私の負け。
相手は満足そうな顔をしていましたね。

んで、3デュエル目は、まあ、勝ちました。
ぶっちゃけ、私、甘すぎ・・・。
反則負けにしてやってもよかったけどね。
まあ、これで懲りたと思います。

はあ〜スッキリした!

総評
次元斬に弱い。(フリーにて)
プレイングが微妙。(オイ
相変わらず、死デッキは健在。(大会にて)
お触れが強いが難しい。(大会にて)
サイドのミスティックが使いづらい。(フリーにて)
破壊輪強いけど難しい。
ワンフー強い。
以上


夏目さん、来ませんでした!!!






posted by ひろすぃ at 11:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。