2004年10月29日

速攻魔法の勧め 第四回

さあて、ひさしぶりの速攻魔法の勧めです。

今回は速攻魔法の中でも破壊系(フィールドアドバンテージ)ですね。
では、早速考察してみましょう。
今回例であげるものは、使者への供物や突撃指令、サイクロン、我が身を盾になどです。

まず、使者への供物から考察してみましょう。
フィールド上の表側表示のモンスター1体を破壊する。次の自分のドローフェイズを
スキップする。

という効果をもっています。私的な見解をさせていただきますと非常に強力です。
しかし、遊戯王で重要なのは手札だと考えています。
つまり次のドローができないということは、それだけリスクを背負っているという事です

考えてみて下さい。
モンスター1体にそれほどのリスクをかけることが、果たしてできるでしょうか?
相手フィールド上に上級モンスターがいる場であったり、とどめであったり、
自分のドローを止めてまで使う場ってのは、なかなかないと思います。
よって私はこのカード使っていません。
あくまで私的見解ですのでお気を悪くなさらないように。

では次に行ってみましょう。
次は突撃指令ですね。
自分フィールド上に表側表示で存在する通常モンスター(トークンを除く)
1体を選択して発動する。発動後、選択した通常モンスターを生け贄に捧げ、
相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

となっております。
このカードは好きですね。今、ヴァニラが微妙に流行っていますが、その助けになる
カードなのでお勧めします。ヴァニラは墓地からなら蘇生や回収できるので、
そういった専門的なデッキで活躍してくれそうです。
しかし、この見解でお解かりの通りマイナーですね。
もしもトークン可能であったとしても非常にマイナーです。
現在のスタンに入るモンスターは9割?が効果持ちであるので非常に使いどころが
難しいです。よって専門的なデッキに入ることになるかと思いますが、これもスロット
の問題上省かれることが多いですね。難しいカードだと思います。

とりあえず、モンスター破壊系のカードに関してはこの程度にしておきましょう。

次がフィールドアドバンテージのものですね。
例として、皆さんご存知のサイクロンがあります。
サイクロンは、もう文句なしの必須カード的存在です。効果はよって省略します。

リスク無しの速攻魔法なので非常に使い勝手がいいです。
速攻魔法の特徴である相手のエンドで発動できるという能力にも助けられ非常においしい
効果であるといえます。
これは考察の余地無しですね。


最後に万能カード。
我が身を盾にです。
相手が「フィールド上モンスターを破壊する効果」を持つカードを発動した時、
1500ライフポイントを払う事でその発動を無効にし破壊する。

という能力を持っています。
なかなか見た目はいいと思います。
しかし私はあまり好きじゃないんですね。
死デッキ全盛期のころはすばらしい能力だと思いました。しかし死デッキが制限になった
今、それほど重要なカードとは思えないんです。
逆に腐る事もないしあると便利な七つ道具なんでしょうけど、あっても、使うかどうか
分からないので私は好きじゃないです。同族、死デッキ、ザボルグ、炸裂、激流葬
を潰せるのは本当、おいしいんですけどね。ただ、大体制限カードばかりなので活躍を
そこまで期待できるか?!っていうと、うーんってなります。
しかし、上記のカードを潰せる事は事実なので強いと思います。

大体こんなもんですかね。
次回はドローと総合評価です。


posted by ひろすぃ at 23:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。